面接で不快なことを言われたらどう対応するか

就職、転職するためには面接での審査で合格することが必須になります。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接では失敗を恐れずにアピールを

就職、転職するためには面接での審査で合格することが必須になります。面接は企業側の求める人物像と応募者の資質のマッチングを行う上で重要なものですが、応募する側としては落とされないように、ミスのないようにとネガティブな要素を避ける事に苦心する傾向があります。

しかし企業側としても落とすための面接ではなく、共に働きたいと思える人物を探しているのですから、できるかぎりポジティブなアピールが出来るようにしましょう。書店で売られている面接対策本はどれも、これをやってはいけないというNG集のようになっています。模範解答も没個性的で失敗を避ける解答が多く、採用する側が知りたい事が伝わってこない受け答えになりがちです。

御社の将来性に魅力を、とか、学生時代にボランティアをしていました、などのマニュアル通りの解答ではなく、自分がこの会社のために何が出来るのか、将来どんな仕事をしたいのか、会社にとって雇用するメリットを感じられる事を自分の気持ちに沿って答えることが大事です。面接官も最初は面接を受ける側だったわけですから、教科書通りの答えはすぐにわかります。自分を良く見せようとすると無理が出るためにかえって失敗しがちです。自分の原体験から出た言葉で長所をアピールするようにしましょう。