面接で不快なことを言われたらどう対応するか

新卒での面接や転職、パートやアルバイトなどで企業に就業する際にクリアするべき関門の一つの面接。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接突破の鍵の一つ〜身だしなみ〜

新卒での面接や転職、パートやアルバイトなどで企業に就業する際にクリアするべき関門の一つの面接。面接は履歴書での書面上では分からない「自分」の人となりや能力、企業にとってどれだけ貢献出来るかをアピールする重要な機会です。せっかく自分を売り込める機会を有効に使うためには事前の準備が重要となります。まずは服装です。「自分」を売り込む場所ではありますが、自分本位の格好をするのではなく相手企業のドレスコードに合わせ清楚で節度ある服装を心がけましょう。また、身だしなみも重要です。寝癖が付いていたり、シャツがよれていたり、髪の色が派手なのもNGです。女性に関してはメイクも必須です。ノーメイクや濃い派手なメイクは避けナチュラルで明るいメイクで臨みましょう。これは男女ともに共通しますが、体調管理も事前準備で大切です。徹夜をしたり、不摂生ばかりしていると当日に体調を崩してしまう恐れもあります。規則正しい生活を心がけ本番当日には万全の体制で臨みます。

面接の場で面接官が企業に求めるのは「自社で働いていて違和感のない人」や「自社に貢献できる人材」です。どの企業の面接の場でも相手の企業や一緒に働く人のことを考えた行動ができるモラルある人材が求められています。