面接で不快なことを言われたらどう対応するか

就職活動において面接の時のマナーはとても大切です。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接の時に守るべき服装のマナー

就職活動において面接の時のマナーはとても大切です。その中でまず面接官の目にとまるもの、それは服装です。もちろん面接中の応答もとても重要ですが、一度悪い印象を持たれてしまうとその印象を消すのは容易ではありせん。面接官と顔を合わせた瞬間から良い第一印象を持ってもらうことが採用への近道となります。

男性でも女性でもスーツが基本です。ストライプが入っていたりデザインが派手なものは避け、リクルートスーツのような黒や紺、濃いグレーなどの地味な色を選びましょう。そして面接の時には何よりも清潔感が重視される傾向があります。男性は黒髪で前髪は目にかからない程度の短髪が一般的です。女性の場合は必ずしも黒でなくてはいけないというわけではなく、栗色までなら良しとされている企業が多いようです。ショートヘアならピンなどで両側をとめ耳を出し、ロングなら後ろに1つに結わえるなど少しの工夫で第一印象を良くすることができます。また忘れてしまいがちなのがピアスです。外していくか極小さなピアスを片耳に一つずつにしましょう。

そして、面接官と顔を合わせたら「よろしくお願いいたします。」、面接が終わり退室する際には「ありがとうございました。」と挨拶も忘れずにしっかりしましょう。面接はとても緊張しますが、身だしなみに気をつけ質問にはハキハキと答えることをこころがけましょう。