面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接は、企業に就職する際のとても重要なポイントの一つです。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接の出入りのマナーと会話のマナーについて

面接は、企業に就職する際のとても重要なポイントの一つです。履歴書とは違い本人と直接会って会話をするため、気をつけなければならないポイントがあります。まず気をつけなければならないのが出入りのマナーです。ほとんどの人が高校受験の際に教ったでしょうが、就職する場合の面接でも重要視される点です。出入りは初めて面接官に顔を見せる瞬間のため、第一印象が決まりやすいです。扉の開け閉めなど細かい動作が直接印象を左右してしまうでしょう。音を立てないように扉を閉め、面接官から顔を逸らさないようにすると良いでしょう。また緊張してしまうのは面接では普通なため表情は強張っていても大丈夫です。逆に気の抜けた様な表情はしない方が良いでしょう。

面接において次に注意するべき点は面接官との会話です。言うまでもなく面接の本題なので非常に重要です。噛んだり、言葉が詰まるのは緊張している以上仕方がないですが、あまりに緊張し過ぎて相手の話を聞かず自分ばかり話してしまうのは注意した方が良いでしょう。最低限相手の話を聞き、言葉に詰まっても最低限必要な事を話せば面接官との会話で失敗する事はありません。ただし、面接に慣れてきて緊張が解けたとしても、決してタメ口で話すような事はしないようにしましょう。