面接で不快なことを言われたらどう対応するか

就職活動や転職活動において、面接はどうしても避けれないものになります。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接に向かう前に事前準備をしっかりと行おう。

就職活動や転職活動において、面接はどうしても避けれないものになります。この面接が活動の集大成となるため、他の筆記試験などが良くても面接の印象が悪ければそのまま不合格に繋がります。そのため、面接を軽くとらえてはいけません。あなたの志望度が高ければ高い企業ほど、面接では緊張してしまうと思います。この緊張を少しでも防ぐために、事前準備は絶対にしなければなりません。

事前準備には、志望動機はもちろんの事、履歴書の文章構成や面接官の質問想定も含まれます。人によっては面接でとても上がってしまうという方もおられると思います。そのような方にはぜひ模擬面接をお勧めします。これはその名の通り、模擬の面接を行うことを指します。この模擬面接から、あなたの緊張するポイントや弱点を洗い出す事が可能になります。

模擬面接は軽い雰囲気では行わず、本番さながらの雰囲気でやるようにしましょう。この空気に慣れることが面接対策の肝となります。面接官役には、出来る限りあなたより目上の方にしてもらう方が良いです。模擬面接であってもスーツを着用し、疑問点を徹底的に本番形式から突かれることが非常に大事です。このように面接の耐性をつけていくことが、就職・転職活動の成功を大きく手繰り寄せます。