面接で不快なことを言われたらどう対応するか

就職の際、筆記試験もあれば面接試験がある会社がほとんどです。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接では正直に話そう

就職の際、筆記試験もあれば面接試験がある会社がほとんどです。筆記試験も勉強が必要ですが、実際は面接試験のほうがシビアである場合が多いです。担当者と一対一の場合もあれば、複数対一名の場合もあり、それぞれの会社によって違います。どのようなシチュエーションであれば、聞かれた質問には正直に答えましょう。というのも、自分を飾るためにウソをつくと、最終的に大きな嘘をつかなければならない状況に陥ってしまい、自分で自分に縄を巻いてしまうことになりかねないからです。

たとえば、パソコンができるかどうか聞かれたときに、本当はネット検索しかできないのに、ワードやエクセルなどオフィスソフトも使えると答えたとしましょう。すると相手は期待して採用してくれたのはよいのですが、本当は使えないのですからとても困った状況になります。解雇にはならないかもしれませんが、評価はかなり低くなることでしょう。何よりも信頼してもらえなくなります。

ですから、たとえパソコンができなかったとしても、今はできませんが学校に通って早くできるようになるよう努力するという旨を伝えたほうが賢明です。正直に話すほうが相手も信頼してくれて採用になる可能性が高くなります。ですから面接では正直に話すことをお勧めします。