面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接の時は、不快なことを聞かれる場合があります。

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接で不快なことを言われたらどう対応するか

面接の時は、不快なことを聞かれる場合があります。例えば、あなたはこの会社で仕事をするには歳を取りすぎているとか、あなたはこの会社に向かないなどと言われることがあります。その会社にどうしても入りたくて、面接を受けているのにそういった不快なことを言われたら、どんな人でもショックを受けてしまいます。不快なことを言われた時は冷静さを保つことが一番重要です。かっとなって、反論を口にしたらその面接で落とされる可能性が高くなります。

面接で不快なことを言われるのは、圧迫面接法のときがほとんどです。圧迫面接法は故意に不快なことや嫌なことを言って、面接を受ける人の反応を見ようとします。不快なことを本心から言っているのではなく、面接を受ける人が不快なことを言われても冷静に対応できるかと言う点を調べようとしています。組織の中で働いていれば、他の人と衝突することもあります。そんな時に感情的にならずに、冷静に対応できるかと言うことを調べるのが圧迫面接方法です。

不快なことを言われた時は、それを肯定的なものに変えて、発言してみましょう。例えば、あなたはこの会社に向かないと言われたとします。その場合は、確かにそういうところもあるかもしれませんが、向かないところは働きながら直して、御社にできるだけ貢献できる人材に成長します、と言います。この時も冷静さを保つことが大切です。